○インストール方法

クリ−ン インスト−ル
1. PCの電源ON時に、DVD-ROMブ−トでセットアッププログラムを起動させる必要がありますのでBIOSのブ−トデバイスの起動順位の1番をDVD-ROMに変更します。
2. Windows Vista の DVD を DVD-ROM に挿入し再起動します。以降、指示に従ってインスト−ル作業をします。
アップグレ−ド インスト−ル
1. Windows XP から Windows Vista へアップグレードするための準備として、アップグレード作業中の操作ミスなどによりファイルが失われることを防ぐために、事前に大切なファイルをバックアップしておくことをお勧めします。
2.又現在使用している Windows から、Windows Vista のどのエディションにアップグレードできるか確認しておく 必要もあります。

マザーボード付属のドライバをインストール

マザーボード付属のドライバをインストールしていきましょう。
マザーボードに付属しているドライバのディスクなどがあると思いますので、必要なドライバをインストールしてください。
グラフィックボードなどは、グラフィックボードにドライバのディスクが付いていますので、これと同じ要領で、そちらもインストールしてください。
以上で、自作パソコンの組み立て全工程が完了です。
ここまで、手順通り問題なく進む事が出来ていましたら、目の前にはWindowsが起動した自作のパソコンがあるはずです。
もしどこかでつまづいた場合は、マニュアルをもう一度よく読み、手順を確認してみてください。
それでもどうしても動かない場合などは、可能性は低いですが、パーツなどの初期不良の可能性も100%無いとは言えません。
もし、代えのパーツなどを持っている場合は、代えのパーツでテストする、代えのパーツが無ければお店と相談してみる、といったような事が必要になる場合もあります。
非常に説明が大雑把で申し訳ありませんが、以上で自作パソコンを作る際の流れは全て完了です。
難しいようで簡単だと思うのですが、いかがでしたでしょうか?
自作パソコンを作った事が無い人や、興味がある人は、是非この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。

注目サイト

太陽光発電業者の一括見積もりサイトを口コミや評判から徹底比較!